人の仕事を自動化する社会は、人生をどのように変化させるのでしょうか。英国ロンドンで開発されている自動調理ロボット・モリー(Moley)は、一流シェフたちの調理技術を学習し、2千種類の料理をつくることができるそうです。

2018年には、ロボットアーム、オーブン、ナイフ、タッチスクリーン等がユニット化された、ロボティックキッチンを約850万円で販売する予定で、レストラン業界、航空会社、システムキッチン会社、調理師専門学校とは導入が決定し、住宅メーカーやマンション開発会社とも提携交渉中だそうです。

「自動調理付きマンション」のYouTubeCMが流れる未来は、そんなに遠くないと思いますし、2020年東京オリンピック・パラリンピックには、飲食業界の風景が変わり始めているのではないでしょうか。

今ある全ての仕事は、
(1)自動化される仕事
(2)自動化されない仕事
(3)自動化するために生まれる仕事
(4)自動化されないけれど手法が変わる仕事
に分類されていくと思います。

AI活用医療で、平均寿命100歳の日本になる時、定年退職は過去の言葉となり、政府や企業に依存する生き方はリスクが高まるはずです。“ジブンの仕事”とは何かを探求し、挑戦し続けられる人が、より幸せになる世界が来ると信じています。

自動調理ロボット・モリー(Moley)

カテゴリー: スタートアップ活動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スタートアップ活動

第一生命で事務作業を自動化。事務作業の未来は既に到来しています。

昨日の自動化ニュースから。事務作業の未来は既に到来しています。 第一生 続きを読む …

スタートアップ活動

ちどりグループ山崎浩一社長へ商品アイデアをプレゼンテーション!

本日は、7月に開催した小中学生の起業合宿の続編を行いました!福岡県太宰 続きを読む …

スタートアップ活動

起業合宿を経て子どもたちで本当に起業できるのかを再考しました。

小中学生の起業合宿を経て、子どもたちで本当に起業できるのかを、子どもた 続きを読む …