219個のパン売上「65,700円」から経費を引くと、約28,000円の粗利益が出ました。この粗利益を、どのように使うか10人全員で熱く議論をしました。全員で分配する、一部を分配する、次のビジネス資金にする。この三点について全員が納得するまで話し合った結果、約28,000円を次のビジネス資金にすると決めました。起業家教育を通じ、仲間と生き抜く力の大切さに気づき始めたように思います。次回、3月23日(金)は、具体的な次のビジネスモデルについて話し合います。子どもたちは今からワクワクしています!

起業実習の利益をどうするか。

利益の使い方について10人全員で熱く議論中。

起業実習の利益をどうするか。

結論を急がず少数意見も尊重しながら全員で考えます。

カテゴリー: スタートアップ活動

2件のコメント

浅井峰光 · 2018年3月8日 3:26 PM

最初のビジネスで粗利を出すことができたとのこと、おめでとうございます!さらにそれを分配せずに、次のビジネスにつなげるという決断への経緯含めて、素晴らしいですね!

追伸)会議をしている場所もとてもいい感じですね。

startupkids · 2018年3月9日 6:49 AM

浅井峰光さまこと、みっちゃん!いつも応援ありがとう。そうそう、分配せずに次のビジネスへつなげるという経営判断を、子どもたちが決断したことがすごいなと思うよ。大人が学びの機会をきちんとつくれば、子どもたちは無限の可能性で成長していくなあと、いつも感動しとるよ。

ちなみに、会議をしている場所、きっとみっちゃん好みだね。元呉服屋をリノベーションした「コワーキングスペースわだもり」です。https://wadamori.jimdo.com

startupkids にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です