山口県光市の発信キッチンにて、約2時間、子ども起業アカデミーを開催しました。スイーツ&ドリンク付きで一人3,500円です。1月に周防大島まるかじりに出店し得た利益は次のビジネス資金にする。次のビジネスは、モノではなくコトを販売する。8月の起業合宿のテーマ設定を視野に入れながら、小中学生たちが熱く議論しました。結論は出ませんでしたが、小中学生たちが出した本日の“解”は、「子どもから大人に有料で“学び”を提供するビジネス」をつくるです。周防大島で8月8日〜8月10日に開催する起業合宿では、子どもたちが紡ぎ出した、このテーマを基にプログラムを開発します。保護者のみなさま、教育関係者のみなさまご期待ください!

子ども起業アカデミー

お庭とつながる清々しいカフェは集中力が高まり、議論も活性化しています。

子ども起業アカデミー

小学校3年生から中学校3年生まで異年齢で話し合うことで、個別の異なる能力が向上します。

子ども起業アカデミー

中学生たちは紙やiPadを使い意見をメモしまとめています。

子ども起業アカデミー

議論の主体は子どもたちですが質問や相談は受け付けます。迷走しそうな時も助けます。子どもたちが主体者です。

発信キッチン_パコーン

脳エネルギーを補充するために、発信キッチンの美味しいパコーンをいただきます。

子ども起業アカデミー

発信キッチンに隣接するアスレチックで遊ぶ子どもたち。

子ども起業アカデミー

異年齢集団での遊びから社会性や創造性が育まれます。

カテゴリー: スタートアップ活動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です